相続税における税務相談でよくある質問内容

相続税における税務相談でよくある質問内容

相続税においてどうすれば節税できるか

相続税においてどうすれば節税できるか 親がマンションを所有している場合は、相続税を減らすチャンスがあります。
節税をしたいなら、まずはマンションの所有権を明確にするために株式会社を設立しましょう。
物件を法人化するのは大げさな印象を受けるかもしれませんが、税務上は出資金が1円でもあれば、株式会社を設立することができるのです。
ただし登録免許税として、10万円程度のコストがかかります。
また登録免許を取得するための手続きを司法書士に代行してもらったら、代行手数料としてさらに10万円程度のコストがプラスされます。
株式会社を興す手続きが完了したら、その会社に親が所有しているマンションを売却してください。
その際、帳簿上は未償却の残高で売却することがポイントになります。
譲渡価格と譲渡原価を同額にするためです。
そうすることで物件の所有者には譲渡所得が発生しなくなり、相続税の対象にならずにマンションを引き受けることができます。
マンションをそのまま相続した場合に課税される相続税と、登録免許税や代行手数料などのコストを天秤にかけて節税効果を見極めるようにしましょう。

相続税の税務と税の仕組みについての基礎知識

相続税の税務と税の仕組みについての基礎知識 相続税は税務上大きな金額が動くことから、適切に納税してもらうための申告が必要です。
課税対象や基礎控除などの計算が適切に行われているかや、対象となる資産の価格算定も適切に行われているかの根拠も大切になります。
相続税の仕組みとしては、受け取る財産の合計額が基礎控除額を上回る場合に超えた分を課税します。
なお財産にいわゆる借金(ローンなども含む)や負債などが存在する場合は、それを差し引いた額が合計額となります。
また3年以内に贈与を行っていた場合は、その金額は加算されるため注意が必要です。
相続税の基本的な計算としては、基礎控除額が「3000万円+600万円×法定相続人の数」によって算定されます。
もし相続人が4人で有れば3000万+600万×4=5600万円が基礎控除額です。
これを超える場合は超えた金額分を納税します。
納税には価格の根拠となる書類を添付して、税務署が提供しているフォーマットに金額を記載の上申告をしていきます。