相続税における税務相談でよくある質問内容

相続税における税務相談でよくある質問内容

相続税における税務相談において身内で揉めないために

相続税における税務相談において身内で揉めないために 仲の良い家族であっても、相続が絡むと関係が壊れてしまうことがあります。
身内で相続税における税務相談を受ける場合には、日ごろから具体的なことを話し合っておくことが重要であり、家族間で意思の疎通を図ることが求められます。
相続税の相談に出向いてから急に話し合うことになった場合、お互いの要求が通らずに話がまとまらなくなりますし、要求が通らない原因となっている対象人物に対して印象が悪くなってしまうのが大きな問題です。
特に子供の数が多い家庭ほど相続で揉める可能性が高くなります。
受け継ぐものが預貯金だけなら同じ額を分配すれば良いので大きな争いには発展しませんが不動産がある場合には要注意で、特に自宅不動産が財産の50%を超えたらうまく分けるのが難しくなります。
その場合は専門家に相談して、どのようにしたら平等になるのかを話し合うのが得策です。

相続税や税務に関するトラブル事例について

相続税や税務に関するトラブル事例について 相続税のトラブル事例として、税金が高すぎて払えないことがあります。
片親で子どもが二人いたケースで、その親がいくつもの不動産と多くの現金を所有していました。
親が亡くなり、財産を振り分けて計算したところ税金が1000万円となり払えませんでした。
次に、申告期限に間に合わなかったというトラブル事例も存在します。
この家族は全員が相続に関して興味があり、相続に関するセミナーなどに参加してさまざまな知識を得ていました。
そして、大黒柱である父親が亡くなり、最も税金がかかりにくい方法で遺産分割を行いましたが、その後税務署から連絡が来て手続きの不備を指摘されてしまいます。
書類の訂正などに時間がかかり、申告期限に間に合いませんでした。
知識があるからといって自分達だけで税に関する事務を行わず、事前に税金の専門家である税理士に相談するべきでした。
このケースは相続税だけでなく、税務のトラブルでもあります。