相続税における税務相談でよくある質問内容

相続税における税務相談でよくある質問内容

このサイトでは相続に関する様々な情報を分かりやすく紹介しており、相続することになった人や知識を得ておきたい人などにおすすめです。
相続には相続税が付いて回るけれども、税務相談が可能な税理士へにはどのような悩みが多くあるのか、その質問内容についても触れています。
また、少しでも税金を安くする方法はあるのか、身内の中で揉めないためにすべきことにはどのようなことがあるのかなど幅広く触れているので、参考にしてください。

相続税における税務相談でよくある質問内容

相続税における税務相談でよくある質問内容 相続税は必ずしも発生するものではありませんが、相続することになったときには一番気になる部分ではないでしょうか。
相続税の相談は、税務に特化した独占業務を持つ税理士に行うことはできるのですが、税理士に話を聞いて貰う前に良くある質問などを見れば解決することも少なくありません。
また、質問内容を見ることで税理士・弁護士・行政書士・司法書士など各士業資格を持つ人の中でどのような人に相談すべきかを知ることもできます。
税理士の場合は税金の申告書類の作成や書類の提出などの代理人として依頼ができるけれども、弁護士など税務の相談ができない人にはできません。
これに対して、弁護士などの場合は遺言書の有無に関係なく依頼ができる、不動産の名義変更なら司法書士など質問内容を見ることで最適な資格保有者を把握できるわけです。

相続税の相談は税務上の損失を避けるために大切

相続税の相談は税務上の損失を避けるために大切 預金や現金だけではなく土地や建物といった不動産の要素が絡む場合、相続税などの税務が更に難しくなる可能性があります。
相続税について判らないことがある場合は、早めに専門家に相談することで損失を避けることができるでしょう。
また、故人に聞いていた話では預金だけだったのに後々になって不動産が出てきた、実は建物を所有していたなどのトラブルが発生する可能性もあります。
残された遺族としては悲しみに浸る間もなく、税務署への申告や相続人間の調整に駆け回ることになるでしょう。
本来ならばじっくりと故人と別れをしなければならない期間であるにも関わらず、余計な損失を避けるために動かなければいけない苦痛は、家族の間に新たなトラブルを起こし兼ねません。
これらのトラブルを回避するには、あらかじめ遺産について考えておくことが大切です。
専門家の指導のもとで遺言書を作成する、事前に相続人について指定するなどの配慮をしておけば、トラブルを未然に防ぐことができます。
家族間でもあらかじめ意思の疎通をはかり、万が一の場合にどのような遺産や相続税が発生するのかしっかりと相談しておきましょう。

相続税の税務:基礎控除の金額の計算方法とは

相続税は財産を相続した際に必ず支払わなければならない税金ですが、これには基礎控除額が設定されておりその条件を満たせば納税を行う必要がありません。
その金額は基本的には3000万円+(600万円×相続人の数)となっており、これを上回る部分について支払いを行えば良いことになります。
相続税の税務処理上は、これらは全て現金で相続した金額に換算して行われるため、不動産の場合にはその路線価に換算して計算が行われます。
そのため実勢売価で基礎控除額を満たしていても、路線価で計算した場合にはこれを上回ることがあることに注意をしなければなりません。
また様々な動産資産等も同様にその評価額によって計算されることから、実勢売価や相場価格との違いに十分に注意をすることが必要です。
特に相続人が複数いる場合にはそれぞれの金額が異なってくる場合もあるため、詳細は事前に税理士等に相談し正確な金額を割り出しておくことが重要なポイントになります。

相続税の税務のポイント:不動産相続の場合

相続税は基本的には相続した資産に対して一定の割合で発生することになっていますが、不動産相続の場合にはその基準となる評価額が状況により異なるので注意が必要です。
基本的には路線価と言われる国が設定している土地の評価額によって算出されることになるため、実際に取引されている相場価格とは大きく異なる場合があるためです。
不動産価格は様々な環境によって変動するものであり、実勢売買価格と路線価が大きく異なってしまう事は少なくありません。
そのため、相続後に不動産を売却し相続税相当分をまかなおうとしても、これが十分に満たされない場合も多いものです。
不動産で物納をする場合でも、その金額が税務処理上十分に満たされないと言う場合も多いので、この点には十分に注意が必要となります。
物納の場合には、市場価格を適用することもあるためです。
相続をする場合には事前に不動産を売却し現金で相続するなど、対策を行うことが良い方法となっています。

相続税の税務をするなら税理士に頼むのが最も効率的

相続税の税務をするなら、税理士に頼むのが最も効率的です。
特に相続税を専門に取り扱っている事務所だと、最も適切で効果的な方法を伝授してくれるからです。
国税局と納税者でしばしば起こりがちなのが、価値算定などの税金額を決めるための価格算定の相違です。
節税という言葉がありますが、お国からしてみれば収入が減っていくということにほかなりません。
税金は適正に行うことが前提なので不公平であることは少ないのですが、特に高額のお金が動く場合は慎重に対応したほうが結果として最も適切になるということは間違いないのです。
依頼すると費用は掛かってしまいますが、間違える可能性は極端に低くなります。
現状の国税局の考え方や対応について経験を通じて傾向を熟知しているので、ある程度の対処案を考えることができるからです。
もちろん節税一辺倒だと逆に国税局に怪しまれてしまうため、そのあたりのテクニックについても熟知しているのが安心材料です。

相続税の税務の基本:納税時期はいつまでか

相続税の納税は、被相続人が死亡したことを知ってから10ヵ月以内に行うことが義務付けられています。
基本的にはこれを過ぎると延滞扱いとなり、延滞金等が発生する場合があるため注意をしなければなりません。
万が一この期限内に支払うことができない場合には、事前に支払えない旨を申告し、延納や物納の手続きを行うことが必要となります。
相続税の納税時期は基本的には非常に厳格であり、この期間内に連絡をせずに納付を怠ると、様々なトラブルが生じることが少なくありません。
税務処理上脱税とみなされ、追徴課税等が発生する場合もあるので注意が必要です。
また延納やぶは申告を行えば必ず認められるものではなく、この際に資産状況の調査等が行われる場合もあるので注意をすることが必要です。
さらに被相続人がなくなったことを知っているのにその申告を行った場合にも、同じような調査が行われることにも注意をしなければなりません。
相続税は、速やかに現金で納付することが大切です。

相続税の物納は税務手続きが非常に煩雑になることに注意

相続税が支払えない場合、相続した不動産等を利用して物納をすれば良いと考えている人が少なくありません。
また、どちらかを選ぶことができると考えている人も多いものですが、相続税は期限内に現金で一括で払うことが原則となっており、これができる場合には物納は認められないため注意が必要です。
相続税の税務手続きの基本はあくまでも現金で支払うと言うことにあるため、万が一一括で払うことができない場合にはこれを延期する手続きが優先します。
納税を滞納している場合などは、資産状況を確認する手続きがあることにも注意が必要です。
これらの税務手続きが全て完了し、その上で現金で払うことができないと判断された場合にのみ認められるものとなっているので、自分で判断することはできません。
相続税は様々な問題を発生させることも多いため、十分に注意が必要です。
相続をした人が困らないように事前に様々な準備をしておくことが、良い方法となっています。

税務相談の参考サイト


相続税 税務 相談

新着情報

◎2022/6/1

情報を追加しました

> 相続税の税務:基礎控除の金額の計算方法とは
> 相続税の税務のポイント:不動産相続の場合
> 相続税の税務をするなら税理士に頼むのが最も効率的
> 相続税の税務の基本:納税時期はいつまでか
> 相続税の物納は税務手続きが非常に煩雑になることに注意

◎2021/12/15

サイトを公開しました